Sugiyaman

「毎日練習、さぁ練習」ドラマーSugiyamanのブログ

ドラムやってるSugiyamanです。ドラムの練習や機材について、CDを聴いた感想、プレイ分析、その他思っていることや雑談をマイペースに書いていこうと思いす。

右手に頼りすぎてない?安定したビートを叩くための練習方法

「スポンサーリンク」

 

楽曲に対して構成されているドラムフレーズは、大きく分けてビートフィルがあります。

 

耳馴染みのあるロックやポップスなどでは、8ビートや16ビートを叩きセクションの変わり目などに2拍〜1小節くらいのフィルを叩くというのが一般的です。

 

ドラムをやっていると、派手でかっこいいフィルや複雑でいかにもテクニックがなければ叩けないようなドラムフィルに憧れを抱き、そういったものをたくさん練習することでしょう。

 

派手なフィルや手数の多いフィルといったら、ドラマーの見せ場みたいなものですからね⁉︎

 

ですが冷静に曲中でのビートとフィルの割合を考えてみると、圧倒的にビートを叩いている割合の方が多いはずです。

 

つまり、いくらフィルの練習をたくさんしてかっこいいフィルが叩けるようになっても、不安定なビートしか叩けなかったら良いドラマーとは言えません。

 

極論を言うと、フィルが一切叩けなくてもビートさえ叩ければ曲は成立します。

 

しかし、フィルしか叩けないとなると楽曲を成立させることは難しいです。(不可能ではないですが)

 

そうなるとドラマーとして価値を高めるには、一緒に演奏している人がやりやすいと感じる安定したビート・聴いている人が心地よいと感じるビートを叩けるようにしなくてはなりません。

 

続きを読む

ドラムレッスン詳細

「スポンサーリンク」

 

このような悩みや思いを抱えている人はいませんか?

  • バンドでドラムをやっているけれど、練習しているのに一向に上手くならずバンドの足を引っ張っている
  • 基礎をしっかりと身につけたい・基本からしっかりやり直したい
  • 手や足が思うように動かない・速く動かない
  • ある程度技術は付いてきたつもりだが、もっと質の良い演奏をしたい
  • チューニングがわからないので、いつも適当にやっている
  • ダブルストロークができない・ルーディメンツがわからない
  • 譜面を書くことはもちろん、読むこともできない
  • 耳コピをできるようにしたい
  • 練習パッドでの練習方法がわからない
  • 学校の軽音楽部やサークルに入っているが、同級生や先輩より上手くなりたい
  • 音楽学校に行く時間もお金もないので月に数回レッスンを受けたい
  • 趣味で好きな曲を叩けるようになりたいのだが、何もわからない
  • レッスンを受けたいが自分のペースでやりたいので、マンツーマンレッスンを受けたい
  • 一人では心細いので、友達と一緒にレッスンを受けたい

 

これらのことはもちろん、その他ドラム演奏に関係する内容を丁寧に教えていきます‼︎

f:id:Sugiyaman:20161101134523j:image 

続きを読む

学校行ったくらいで業界とのコネ作れると思ってんの?音楽学校の特徴と現実

「スポンサーリンク」

 

 

音楽が好きだ!

学生時代、部活や学校の仲間と組んだバンドでステージに立ったあの感覚が忘れられない!

ミュージシャンになることが小さい頃からの夢だ!

憧れのアーティストみたいになりたい!

 

年齢や経緯は様々ですが、ミュージシャンとして活動し生計を立てていきたいと思っている人は多いです。

 

しかし、ミュージシャンとして活動するのならしっかりとした技術が必要になります。

 

かっこいいフレーズや良い曲がひらめいても、それを演奏したり音として表現する能力がなければ何もひらめいていないのと同じことです。

 

ライブなどでは、お客さんがお金を払って見に来てくれているにも関わらずひどい演奏をしていたら、そのバンドやアーティストのライブにまた来たいと思う可能性はかなり低くなります

そもそもお金を払ってもらっているにも関わらず、そのような演奏をしていたら失礼ですからね。

 

例えば食事をしに入った飲食店がひどい料理を出してきたら、もう二度と来ないと思うでしょうし、この一回の食事に使ったお金と時間が無駄だったなと感じてしまうはずです。

これと同じです。

 

どの分野でもそうですが、プロアマ関係なくお客さんにお金を払ってもらう場合、その料金以上の価値をお客さんに提供するのが当たり前です。

たとえ無料だったとしても、わざわざ足を運んでくれたとあれば交通費がかかっている場合もありますし、時間を確保してきてくれているわけです。

 

つまりお金を払ってもらっている以上、全ての人がプロであると認識すべきと僕は思っています。

 

また、音楽の世界は気持ちだけでどうこうできる世界ではどんどんなくなってきていますので「技術なんてなくても、俺の熱い気持ちでオーディエンスを沸かせてやるぜ!」なんて発想では通用しません

しっかりとした演奏者としての技術があるから、そこに気持ちが乗ったり宿るのです。

 

音楽業界も不振ですので、事務所に所属できても駆け出しの技術のないアーティストにかけるお金なんてないんですよ。

技術がなかったらまともな音源をレコーディングするのにどれだけ時間がかかると思っているんですか?

それだけ場所と時間がかかるために、お金もかかるということになるんです。

 

そんなわけで、しっかり演奏できる・上手く演奏できるというのは当たり前の世界なので演奏能力をつけていかなくてはならないのですが、独学ではすぐに限界がきてしまいますし効率も良くありません。

 

しっかりと基礎を学び実践でのノウハウをある程度取得したのならそれ以降は、自身で演奏についての研究を重ね日々の練習や実践での場数を踏んでいくという各々の独自の方法を取っていくことになるのですが、何もない人がネットで調べたり教則本を読んだりした程度の独学でどうこうできる分野ではありません。

 

ゲームのようにネットの攻略記事を読んだり攻略本を買って読めば、サクサクゲームを進められるというような世界ではないですから。

 

人に習うのが一番です!

独学以外の方法となると、人に習うことが必要になってきます。

 

そこで選択肢に上がってくるのが、音楽の専門学校や大学に入学し自身のパートを専門的に学ぶということ。

または、マンツーマンやグループなど形態は様々ですが週一回などのペースで数時間のレッスンに通うという大きく分けてこの2つが選択肢に上がってくるでしょう。

 

今回の記事ではその選択肢の1つ「音楽の専門学校に通う」ということに焦点を当てて、

  • 音楽学校というものがどういうところなのか?
  • メリット・デメリットは何か?
  • パンフレットなどに書いてある客寄せの言葉の真偽・現実とは?

ということについて書いていきたいと思います。

 

続きを読む

独学では限界あります!ドラムレッスン受けてみる?

「スポンサーリンク」

 

 

夢はプロドラマーになること!もっと上手くなりたい!

ずっとやってみたいと思ってた!趣味として楽しくドラムを叩きたい!

 

しかし現実は・・・

 

ドラムを始めて数年たつけれど、独学ではこれ以上の上達は見込めないかも・・・

そんなことを感じていませんか?

 

昔からドラムをやってみたいみたいとは思っていたけれど、結局学生の時には機会がなく出来ずじまい。

または、学生の時に少しだけ部活でやったことがあるけれどそれ以来ドラムに触れる機会はなかった。

大人になったので良い機会だし趣味としてドラムを始めてor再開してみたいけど、何をどうやって良いのか見当もつかない・・・

やりたい気持ちはあるのに、モヤモヤした思いをしていませんか?

 

小学生の子供が音楽に目覚め急にドラムをやりたいと言ってきたけど、どうしたら良いの?子供の興味があることは尊重したいけれど、音楽と言ったらカラオケに行くくらいしか経験ないんだけど・・・

子供には色々なことをチャレンジさせてあげたいけど、近場でドラムレッスンなんてやってるところなんて聞いたことないし、どうしましょ・・・そんな思いをしている親御さんいませんか?

 

そのような思いをしている方‼︎

はっきり言います・・・

 

独学では思うように上達しません!!!

 

自分は歴がそこそこあるので結構上手いと思っていても、それはただの勘違いです!!!

 

初心者の人は最初はタイコやシンバルが鳴ることが新鮮なため楽しいかもしれませんが、何を練習してよいのかサッパリ分からないですし曲なんて一向に叩けるようにならないので、すぐに諦めてしまいます!!!

f:id:Sugiyaman:20161101091557j:plain

他にもこのような悩みや思いを抱えている人はいませんか?

続きを読む

Groove(グルーヴ)を出すには濃縮が必要!2種類の深みとは?

「スポンサーリンク」

 

 

以前の記事でグルーヴドラマー、テクニカルドラマーについて触れました。


では、今回はグルーヴを出すためのトレーニングを紹介したいと思います。

グルーヴとはなんぞや?と思った人や、グルーヴは人それぞれ捉え方が違ったりもするので、僕が思うグルーヴについては上の記事で触れていますので先にそちらを読んでいただけると良いかと思います。

 

グルーヴを鍛えるには様々な方法がありますが、今回は濃縮について紹介いたします。

 

深みを出す方法の勘違いと2種類の深み

タイトルにもありますが、今回のポイントとなるのが濃縮です。

f:id:Sugiyaman:20161026114921j:plain

ドラムで濃縮ってなんだ・・・?と思うかもしれませんが、僕が思うドラムの濃縮というのは叩いているビートやフレーズの深さと言い表せると思っています。

 

続きを読む

手っ取り早くモチベーションを上げるには本を読もう!

「スポンサーリンク」

 

今日、出先で中途半端に時間が空いてしまったので書店に行ったのですが、そこで気付いたことを書きたいと思います。

 

皆さん本を読んでいますか?

 

少し言い方を変えましょう。 

どれだけ長文の文章を読んでいますか?

f:id:Sugiyaman:20161022081251j:plain

文字に対する抵抗

学生時代は教科書や参考書を授業中や自宅での勉強などで嫌でも読まなければいけなかったので、読んでいる内容に興味があろうとなかろうと文字を読む機会は多かったはずです。

 

しかし、大人になるにつれて文字を読む機会って人によってはかなり低くなるんです。

 

仕事柄常に文字を読んでいる人もいますが、そうじゃない職種の人もたくさんいます。

 

もちろん文字を読む機会が少ない人でも趣味が読書の人は文字を読む機会はキープされていますが、そうじゃないと文字を読むことにどんどん抵抗が出てくるんです。

 

続きを読む

グルーヴがない、上手くない・・・その評価間違ってない?

「スポンサーリンク」

 

だいぶご無沙汰なブログ記事投稿となりました。

 

ちょっと動画の編集作業(ドラムや音楽以外の内容)をやったりしていたもので、記事投稿が滞ってしまいました。

また、ドラム関連の記事を中心に投稿していこうと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

そんなわけで、今回はテクニカルドラマー・グルーヴドラマーについての話をしたいと思います。

 

f:id:Sugiyaman:20161014225628j:plain

グルーヴとは?

よく聞く「グルーヴのあるドラム・演奏」という言葉があります。

 

グルーヴって何?と思う方や、何となく意味はわかるけど明確に言葉にできないという方がほとんどだと思います。

 

グルーヴについては人それぞれ微妙に解釈が違ったりしますし、いまいち明確に言葉にして説明できないというのが実際のところなので無理もないです。

 

それゆえに安易にグルーヴという言葉を使わないようにする人や、その逆に何でもかんでもグルーヴという言葉で表す人がいて音楽をやっているに人にとっては意外と厄介なワードだったりします。

続きを読む