Sugiyaman
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「毎日練習、さぁ練習」ドラマーSugiyamanのブログ

ドラムやってるSugiyamanです。ドラムの練習や機材について、CDを聴いた感想、プレイ分析、その他思っていることや雑談をマイペースに書いていこうと思いす。

クーラー病の恐怖・・・せっかくの時間が台無しになるよ

ドラム 生活

「スポンサーリンク」

 

8月に入り夏真っ盛りということもあり、暑い暑い毎日を過ごしているかと思います。

 

そんな暑い夏でもドラマーは毎日のように練習をします。

学生さんなんかは夏休みということもあり、いつも以上に練習時間をとれているのではないでしょうか。

 

もちろん学生さんでなくても家でパッド打ちをやったり、練習スタジオに通いつめて練習しているはずです。

ですが、気をつけてください!

 

そんな、努力し頑張って練習しようとする気持ちを台無しにしてしまう症状に夏は陥ってしまう可能性があるのです。

f:id:Sugiyaman:20160806214034j:plain

 

その症状とはクーラー病です。

 

急に体調が悪くなり練習がはかどらない

少し前の話になるのですが、7月後半のことです。

 

いつものように僕はスタジオに個人練習に通っていました。

 

ドラムを叩くことは大好きですし、もちろん練習も大好きです。

 

暑くなってきたとはいえドラムが叩けるというウキウキした気持ちでスタジオに向かうのですが、セッティングを終え練習をし始めて少し経つともの凄く具合が悪くなってしまうという現象が何日も続きました。

 

よく嫌なことをやらなければいけない時に、精神的な苦痛から体調が悪くなるというケースは一般的にあるかと思いますが、僕はドラムの練習が大好きですしスタジオに着いてある程度時間が経つまではやる気に満ち溢れているわけです。

 

もしかすると自分ではドラムが好きと思っているだけで、何年も何年も同じような練習を続けていることに無意識のうちに嫌になっていて知らないうちに拒否反応が起こっているのではないかとも思いましたが、家でパッド打ちをしている時は全然そんなことはないのでそれも違うなと、自分の体に何が起こっているのか分からなくなりました。

 

症状としては、スタジオについてある一定時間経つと急激な疲労感が襲ってきて吐き気も伴います。

 

特に風邪をひいて体調が悪いだとか、睡眠不足だとか疲れがものすごくたまっているというわけではないのにこのような症状になるのです。

 

このような症状になるとその後の練習は休憩をこまめに取りつつ、なるべく体に負担のかからない練習メニューをこなしていくということになってしまって練習が全然はかどらないんです。

 「スポンサーリンク」

 

原因はクーラー

今まではこのような症状はなかったので色々と考えてみたのですが、クーラーが原因ではないかと思って調べてみたらクーラー病というものがあるということを知りました。

 

症状はぴったり噛み合っていました。

 

夏になるとクーラーを使いますからね。

 

ドラムを叩く場合はそれだけで暑くなるので、夏に入る前からクーラーを使うこともあるのですが、夏の場合は注意しないとクーラー病にかかってしまうようです。

 

クーラー病の原因と症状

原因としては急激な温度変化により、自律神経が乱れることによって様々な症状を引き起こしてしまうということです。

 

自律神経とは交感神経副交感神経を合わせたものです。

 

交感神経は体が活発に動いていたり緊張していたりする時に活発になる神経でして、体温を下げる働きをします。

 

その逆に副交感神経というのはリラックスしている時に活発になり、体温を上げる働きをします。

 

外の暑い気温と部屋の中の涼しい気温とを行き来すると、交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかず体が追いつかなくなってしまいます。

 

5℃以上の気温差は自律神経が乱れてしまい、体にとってよく良くないそうです。

 

家の中を涼しくしている状態から外に出て暑い中スタジオに向かい、スタジオに着きキンキンに冷えた部屋でドラムのセッティングやら練習やらをしていたら、そりゃ自律神経も乱れます。

 

そして症状としては僕のように急激な疲労感や吐き気の他にも、頭痛、肩こり、腰痛、腹痛などもあるそうです。

 

こんなのが急に襲ってきたら、せっかくスタジオを予約し頑張ろうと思っていたのに、練習どころではなくなってしまいます。

 

練習時間は限られているので少しでもはかどるように

スタジオを予約しての個人練習というのは、時間も限られていますしお金もかかります。

 

そんな中、ドラムが好きでもっと上手くなりたいという思いから頑張って練習に行っているのですから、少しでも練習がはかどるようにしたいですね。

 

去年まではそんな症状なかったという人も、人間は年をとっていきますので以前大丈夫だったことでも大丈夫でなくなってしまうのです。

 

僕は数年前の2〜3年間は精神力を鍛えるためにスタジオ内でクーラーを一切使わずに、夏の練習をしていました。

 

ステージ上は暑いのでそういった対策と、暑くてツラくても練習をやりきって精神力をつけるという目的でした。

 

しっかり水分補給をしていれば、クーラーを使って体調が悪くなってしまうより良かったですね⁉︎

 

もちろん、熱中症の心配などもありますし、あくまで精神面の強化でありドラムの技術が向上するということではないので、みんながみんなやる必要はないかと思いますけどね。

 

〜オススメ記事〜

sugiyaman.hatenablog.jp

 

「スポンサーリンク」

 

〜プロフィール〜

ドラムレッスンやってます。 レッスンについての質問や問い合わせはTwitterInstagramのメッセージからお願いします。

Instagram

 

note https://note.mu/sugiyamandrum

Snapchat ユーザー名: sugiyaman 

https://www.snapchat.com/add/sugiyaman

この記事のシェアもよろしくお願いします。